ブログ ブログ

ブログ

土用の丑の鰻

2020.7.11

古代、万葉集(七世紀から八世紀)鰻を詠んだ歌があります。
石麻呂に我れ物申す夏痩せによしといふものぞむなぎとり喫せ
痩す痩す生けらばあらむをはたやはた鰻を捕ると川に流るな
大伴 家持
夏痩せにはむなぎ(うなぎ)を食べると良いと石麻呂という人に勧めている歌です。
昔から、夏にウナギを食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったようです。
土用の丑の日にウナギを食べだしたのは1700年代後半、江戸時代だそうです。
今年は7月21日、8月2日と土用の丑の日が、夏に二回もあります。
今回、新近江別館でも鰻蒲焼1匹¥3500(税込)で売り出します。
中はジューシー、外はパリッと、料理長がこだわったものとなっております。
是非お召し上がり下さい。
ご注文は直接、お電話で 077-537-1980《通常前日まで予約 10時から19時受付》

鰻蒲焼2